スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 狼たちの宝探し~謝罪編(前編) 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】

※このお話は『狼たちの宝探し』の続編になります。



☆狼たちの宝探し~謝罪編(前編)

その日王宮に隣国である赤儷(せきれい)国から使者が訪れた。
当然陛下は眉を顰める。
一体今更何の用だろう?
先日締結した内容に対する意見申し立てか、はたまた皇太子自らの陳謝か。
何れにせよ、王宮に入れた途端斬り殺してしまいそうだ。
「追い返せ」
辛辣に陛下はバッサリと言い捨て席を立つ。
その恐ろしい姿に誰も声が掛けられない。
侍官は、陛下のその言葉を告げに使者の元へと急いで戻った。
「陛下はお会いする気は無いとのことです」
「そうですか」
使者もわかっていたかのように嘆息する。
「ではせめて閃秀様にご挨拶をお願いしたいのですが・・・」
「申し訳ございません。本日閃秀様は満輝様と出掛けておりまして・・・」
侍官のその言葉に、使者はガックリと肩を落とすと渋々主の元へと帰って行った。




▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。