閃秀と煌凛〜ライバル編(前編) 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】

※このお話は台風一過の続編になります。
※閃秀の年齢は17才くらいで、煌凛とは婚約中です。





☆閃秀と煌凛〜ライバル編(前編)

「煌凛が婚約?!」
煌凛の従兄 斎雅(さいが)が驚きの声を上げた。
しかも相手はあの閃秀皇子だと言うではないか。
「どう言うことです?!」
五つ年下の美しい従妹。
昔から可愛い娘だったが、年頃になり益々美しさに磨きがかかってきたことだろうと姿を見にきたら、叔母が嬉々として煌凛の婚約を伝えてきたのだ。
煌凛を自分の嫁にとずっと思い描いてきただけに、その知らせは青天の霹靂だった。
煌凛は料理に夢中で、ずっと恋愛に興味がなかったはずだ。
それがどうしてこんなに急に婚約などということになったのだろうか。
「それがね、後宮にお妃様のお料理仲間として遊びに行っている時に見初められたらしいの♪」
叔母は嬉しそうだが、それはつまり一方的に婚約者にされてしまったのではないだろうか?
相手は何しろ王族だ。
しかもファンクラブまであるという噂の人たらし、閃秀皇子だ。
煌凛も恐らく周囲の勢いに負けて断れなかったのではないか?
これは由々しき事態だ。
何とかして煌凛を助けねば。
(煌凛は俺が助ける!)
斎雅は煌凛の婚約破棄に向けて、静かに動き始めた。



▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: