夕鈴の家出 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】


☆夕鈴の家出

それは思いがけず耳にしてしまったとある会話が原因だった。

「陛下・・・先程の件、本当によろしかったのですか?」
方淵の戸惑ったような声が聞こえる。
「別に構わん。大体私の時もそうだったが、奴らの狙いは王族の外戚になって権力を振るうことだ」
陛下が冷たい口調で語る。
「統慶なら相手は自分で見つけてくるだろう。しつこいようならあの大臣の娘は私が翻弄してやろう」
陛下がニヤリと笑ったような気がした。




▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: