空翔けし狼王 2 

皆さんこんにちは(^-^)
続きは書いたものの、お好みは分かれると思います。

戦う夕鈴なんてNGよ!!(>_<)

陛下が立ち回るなんて許せないわ!!(T_T)

と仰るピュアな方々は速やかにブラウザバックしてくださいね←

お詫びと言ってはなんですが、もう一件、そちらは先日白友さんにお書きしたものではありますが上げさせていただきます。
短いですが本誌寄りなのでもしよろしければお楽しみくださいm(_ _)m



【現パロファンタジー】
【年齢操作あり】
【黎翔×夕鈴】

※このお話は陛下の方は21才、黎翔君の方は高校生設定です。


☆空翔けし狼王 2

「・・・・・・黎翔様?あのお話はお断りしたはずなんですが」
黎翔が几飛行場へやってきた途端、夕鈴は開口一番困ったようにそう言い放った。
そう。あの時「君を迎えたい」と言った黎翔に対して夕鈴はあっさりと断りの返事をしたのだ。

『幼い弟がいるので貴方のお抱え整備士にはなれません』―――と。

▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
>ますたぬ様
こんな突飛なお話なのにお付き合いいただけて本当にありがとうございます(*^-^*)
夢は一応最後まで続く予定です♪
そっちで上手くいった二人に現実の黎翔君が何を思うのか。
そしてどうやって現実世界で夕鈴と出会うのかがこのお話のキーワードになると思います(≧∀≦)
何話で終わるのかは不明ですが、ラストは一応決めてるのでのんびりお付き合い下さいね♡
>名無し様
拍手コメントありがとうございます♪
安全靴で蹴り飛ばされたらそりゃあきっとかなり痛いですよ~(´∀`*)
足の力は腕の力の確か三倍でしたっけ?
恐らく強烈な一撃だったことでしょう。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: