執事とメイド~心に響いた言葉~ 

皆さんおはようございます。
今日のこのお話は現パロリハビリ第二弾。
先日の『仮の恋人でも君が好き』のシリーズとはまた違ったすれ違いカップルのお話です。

こちらは一見ラブラブカップルなんですが、黎翔さんが夕鈴を信じられずモヤモヤしてるんです~( ̄∇ ̄)
白友さん向けに書いた路地裏二件をそのうち持ってくる予定にはしてるので、それを読んでもらえたらきっとああなるほどなとわかってもらえるはず・・・。
体の関係はあるけどどこまでもすれ違う切ない二人のお話。それがこのシリーズなんです。
そんな二人の関係ですが、今回はクリスマスも絡めてちょっぴりハッピーな感じで書いてみました。
少しでも皆様に楽しんでいただけますように(*^-^*)




【現パロ】
【黎翔×夕鈴】

【簡単な設定】
黎翔の父親は病気で弱ってはいるが生きている設定。珀家の現当主。
黎翔は私生児ではあるが現当主の実の息子。珀家の敵を探り駆逐するため身分を隠して執事長として潜入している。
当主と周康蓮、李順、浩大、克右の五名が協力者。

※二人は周囲に秘密の恋人設定



☆執事とメイド~心に響いた言葉~

その日、夕鈴は他のメイド達と共に屋敷の大きなクリスマスツリーの飾りつけを行っていた。
皆は素早く手を動かしながらもクリスマスから年末年始にかけての休暇に心弾ませている。
「私は彼を実家に呼んで両親に紹介するのよ」
「まぁ素敵♡私は両親とディナーに出掛けるくらいかしら。貴女は?」
「私?私は彼とデートよ」
そうやってきゃわきゃわと盛り上がる彼女達の話を聞きながら夕鈴は物思いに耽っていた。

▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: