其はただ一つの花 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】
このお話は『花々の集い』『花々との語らい』の続編です。
子供達の年齢は、統慶 18才、支基 17才、守珠 16才、閃秀 15才くらいを想定しています。



☆其はただ一つの花


周辺諸国の皇女達が王宮に滞在して5日。
もうすっかり馴染んでしまった光景ではあるが、統慶と支基は今日も変わらず姫君達に囲まれている。


「今日もモテモテですわね~」
来賓殿の片隅でお茶を片手に黄凛国皇女 杏珠(あんじゅ)がのんびりと寛いでいる。
「本当に。でもあれだけモテるとお一人に決めるのは今回は難しそうですわね」
くすくすとそう応えるのは蒼玉国皇女 珠理(しゅり)だ。
「そろそろまた逃げてこられるのでは?」
青羅国皇女 水麗(みれい)が苦笑しながらそう言った。



▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: