冥府の王 5 

【ファンタジー】
【黎翔×夕鈴】

※このお話は冥府の王8~9をまとめたものとなっております。



☆冥府の王 5

「ではお気をつけて」
李順に見送られ黎翔は夕鈴を抱き上げると目的の湖まで二人で出掛けた。
最近の特訓の成果か夕鈴もだいぶ抱きつくことに抵抗はなくなってきたようだ。
しっかりと捕まり寄り添う姿は二人の仲の良さを周りに見せつけることにも繋がるだろうと李順は言っていた。
もし死神達に目撃されてもいい方向に話を広めてもらえることだろう。

▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: