冥府の王 4 

【ファンタジー】
【黎翔×夕鈴】

※このお話は冥府の王6~7をまとめたものとなっております。



☆冥府の王 4

「さて・・・お妃様?まずは先日申し上げていたこちらの書の理解度チェックを行わせていただきます」
ゴゴゴゴゴと青筋を浮かべながら目の前の李順が眼鏡を光らせている。
(お、怒ってるーーーーー!!)
冥界を勝手に抜け出した自分に対し、李順は相当怒っているようだった。

▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: