几鍔の心配事 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】



☆几鍔の心配事

ここ白陽国には狼陛下と呼ばれる王と、その唯一の妃がいる。
この妃は昔『後宮の悪女』と呼ばれていた。
そして『帰ってきた妖怪妃』として名を轟かせた。
その後次々と子を産み落とし、最後の双子を産んだ後、死の淵から不死鳥のように蘇り、慈悲深き女神として生まれ変わったのだと噂されている。
今では素性不明ながらも民の為に尽力する、それはそれは心美しき女神のような女人だと言われている。
それなのに・・・。

▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: