使節団のため息 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】

このお話は『皇子のお手並み』の続編です。
時系列的には『狼たちのネズミ退治』に繋がっていくお話です。

はい。欲張りな私は全部リンクさせちゃいつつ、たらし話まで書いてしまいました(・ω・)ノ




☆使節団のため息

その日、青羅(せいら)国の使節団の者たちは途方に暮れていた。
国を離れ遥々白陽国へとやってきたものの、護衛の者は賄賂で買収されあっさり寝返ってしまった。
一部の優秀な兵も泊まった宿で毒を盛られたようで、寝込んでしまった。
護衛も宿の者も誰一人信用ならない・・・。
そう考えた使節団の主だった面々は、ひとまず一時しのぎになる程度の食料や荷物を手に宿から逃げ出した。



▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数: