スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 努力の果てに(後編) 

【夕鈴本物妃設定】
【オリキャラお子様10人設定】

※このお話は『銀の誘惑』の後のお話になります。



☆努力の果てに(後編)

はぁ・・・。
満輝が政務室で今日何度目かのため息を溢した。
「閃秀兄上・・・大丈夫かな?」
そんな満輝に晴陽が呆れたように告げる。
「大丈夫ですよ」
「だって、幸翔は最近腹黒だし・・・いいように使われてないかな?」
(あの人が?有り得ないけど・・・)
「大丈夫ですよ」
晴陽は同じ言葉をただただ繰り返す。
(大体満輝兄上は閃秀兄上を甘く見過ぎですよ)
閃秀は確かに天然人たらしだし、誰にでも優しいから誤解されやすいが、結構自分の意思はしっかり持っている。
(兄上はああ見えて、自分がこうと思ったら相手をたらしてでもゴリ押しするところがあるんだよね)
相手にそう気づかれないようにしてしまうから心底凄いとは思う。
そんな閃秀が小手先の幸翔に振り回されるはずがないではないか。
(腹黒って言う意味では閃秀兄上の方が一枚上手じゃないかな・・・)
そんな風に思ってしまう晴陽なのだった。



▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

yawayawaほっぺ

Author:yawayawaほっぺ
yawayawaほっぺの書庫へようこそ!
趣味で狼陛下の花嫁の二次小説を書き始めました。
『お子様10人シリーズ』がメインとなっております(ゆえに未来予想図)が、シリーズ外で原作寄りの話や現パロなどもございますのでお気軽に楽しんでいってください♪
初めての方はご挨拶をご一読頂ければと思います(^-^)/

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。